早期治療で治療費も安く抑えるためにも半年に一度は歯医者での検診を!

笑顔の女性

半年に一度は歯医者での検診

歯にこだわる国、歯にうるさい国といえば、みなさんアメリカを思い浮かべるのではないでしょうか。本当にアメリカに来てみると、歯がガタガタな人はほとんどいませんし、歯が黄ばんでいる人なんて言うのはもっといません。そんなアメリカでの歯医者での検診というのは、半年に一度というのが最低のペースです。保険によっては3ヶ月に一回行っても無料で診断してくれる場合があるので、そうしている人もいます。
一体歯医者での検診をして何がわかるのかというと、色々なことが分かります。例えば、今まで銀歯を詰めていたという方は、それは永久的につけられるものではないので、部分的にはがれてきていたり、既に浮いてきていたりしている人も実はたくさんいるのです。
その検査もすることができますし、歯というのは意外と移動しやすいもので、徐々にですが、食べ物の噛み方や食べているものによってあごの位置がずれてきて、歯も一緒にずれるなんてこともあるので、そういったこともチェックしなければいけません。これをすぐに治療するためにも、3ヶ月から半年に一度は歯医者での検診をしたほうが歯のずれなどを初期の段階で対処することができるので、歯の治療費も安く済むことにつながります。

歯医者は定期的に通うのが大切

私が歯医者に定期的に通院している理由は歯医者での検診です。歯医者での検診ではまず虫歯がないか、それから歯周ポケットの深さをチェック。次に染め出しで磨き残しがないかチェックします。そして見つかった磨き残し部分に対して、持参したマイ歯ブラシを使って正しいブラッシング方法を指導してもらいます。最後に歯の表面をきれいにお掃除してもらって完了です。3か月に一回のペースで歯医者での検診を受け、正しいブラッシングの指導が受けているので虫歯はまずみつかりません。
今の歯医者に通院するようになって、ブラッシングの大切さを痛感しています。このブラッシングの指導は小学生くらいからしっかりしてもらえると、子どもの虫歯になる確率は減るのではないかと思います。正しいブラッシングは一生の財産だと思っています。そして年齢とともに衰える歯茎について気を遣うようになりました。歯茎が衰えると以前被せてあった義歯があわなくなってくるそうです。今後はそちらのメンテナンスも必要になるんでしょうね。
一生使い続ける歯なので歯医者選びは大切だと思います。私の場合はブラッシング指導ができ、歯だけでなく口腔全体の対応ができ、自宅から便利な場所にあることでしょうか。予約を入れようとすると2か月待ちの歯医者ですが普段の定期検診で3か月後の予約をするのでストレスフリーです。

矯正歯科についてのこと

歯科の中でもとても強い存在感があるのが矯正歯科です。要するに歯並びをよくするための治療になります。意外と人間の歯というのは綺麗に生えてくることは少なく、多くの人がそこまで綺麗に並んでいないことがあります。ですから、矯正をすることに人気があるわけです。但し、病気ではありませんから、どうしても自由診療になってしまうのです。これはとてもお金がかかることになります。数十万円かかることが当たり前であり、それこそが矯正のハードルになります。
しかし、今ではかなり安くなっています。昔はもっと高かった時代があったのです。それでもやる人が増えたわけであり、需要が高くなり、費用が抑えられるようになった、ということがあります。探してみればわかりますが、矯正歯科というのは意外と沢山あります。これはそもそも歯科が多いからです。極端に辺鄙なところに家がない限りは歯医者に困ることはないでしょう。そして、矯正歯科と銘を打っていないこともありますが、大抵の歯科では矯正をしてくれます。これは技術的に大して難しいわけではない、ということもありますし、歯医者としても儲かる施術であるからです。ですから、歯の矯正をしてくれる所を見つけるのは難しくないです。

予防歯科について

歯医者に行く時といえば、たいていの人は虫歯が出来たり、歯周病になったりと歯に何らかのトラブルが起きた時かと思います。しかし、近年では歯に何も問題がなくても診療を受ける予防歯科が注目され始めています。 予防歯科とは、虫歯などの歯のトラブルを未然に防ぐために行う歯の定期検診のことで、すでにヨーロッパでは予防歯科の考え方が一般的になっています。また、日本でも一部自治体で補助金が出るなど徐々に広まり始めています。 そんな予防歯科ですが、主な内容としては虫歯や歯周病にかかってないかのチェックや、PMTCと呼ばれる歯の細かい部分の汚れを落とす作業、フッ素を歯の表面に塗って虫歯になりにくくする、歯の磨き方や歯の健康に良い生活習慣のアドバイスなどがあり、3か月に1回程度診療を受けるのが良いとされています。 なお、予防歯科は基本的に保険が適用されず自費での診療となり、費用は診療する歯医者によって変わりますが、おおむね1回5000円から1万円程度のところが多く、年間にすると2万円から4万円程度の出費となります。そのため、予防歯科は費用が掛かる印象を受けますが、1回虫歯などになると歯医者に何度も通うことになり最終的には同じかそれ以上の出費となってしまうことも多く、時間もかかることから、そのリスクを考えると予防歯科を受けることは決して高くはないはずです。


大阪の歯医者ならこちらがおすすめですよ。
大阪にはいろんな歯医者がありますが、休日でも診療してくれるこちらの歯医者はとても助かります。普段いそがしい生活を送っているという方は、こういった歯医者を知っておくととても便利ではないでしょうか。

UPDATE ARTICLE

2016/07/19

病院の歯科検診に行きました

会社の集団歯科検診がなくなったので、久しぶりに病院の歯科検診を受けに行きました。まず会社の名前を伝えて、歯科検診を受けたいと予約電話をしました。ちょうど混んでる時期だったかもしれませんが、近くの歯科病院で一番早い二ヶ月弱待ちで予約を取れました。歯科検診って、そんなに混んでるだとびっくりしました。当日は会社の病院に見せるプリントを持って受付ました。始まる前に、歯科衛生士が基本のクリーニ…

2016/07/19

歯科大学病院で手術を受けたことがあります

私は歯科大学の付属病院に入院して手術を受けたことがあります。入院したきっかけは、ふだん通っていた歯科クリニックで親知らずを抜く治療をする前回の診察のときに、口腔内のレントゲンを撮影したのですが、次回の診察のときに歯科医師がその写真を見てかなり驚いていたのです。理由は、私の歯茎のなかに、大きな膿ができているとのことでした。歯科クリニックでは、私の親知らずを予定通りに抜歯すべきか否か数人…

2016/07/19

歯科大学病院での治療体験

私は一時期、東京都内の歯科大学付属病院の一般歯科に通院していたことがあります。私が初めてこの病院を訪れて診療室に足を踏み入れて圧巻に思ったことは、診療スペースが50か所くらい設置されていたことです。それぞれの診療スペースが、パーティションで仕切られており、しかも全ての診療スペースが満席となっていました。治療を受ける前に、歯科大学病院ですので「あらかじめ大学病院は歯科医師を養成する機関…

2016/07/19

歯科大学病院で麻酔治療を受けています

私は歯科大学病院の付属病院に通院しています。以前は、一般の歯科クリニックで治療をしてもらっていましたが、数年前にパニック障害を患ってしまい、それ以降、口の中に指先を入れられると嘔吐反射が出るようになってしまったのです。嘔吐反射が激しいと、治療が進みませんし、私自身も非常に苦しいです。このため、自分でインターネットで麻酔をしながら歯科治療をしてくれる歯科クリニックや歯科大学病院を探しました。で…